ブログ

rss
次へ>>

薪だなを作りました!スタッフブログ

投稿日時:2016/10/16(日) 18:12

201610161857_1-300x0.jpg
薪だなを作りました。
薪ストーブを家に設置する方も最近では多いようですね。
こちらのお宅でもたくさんの薪を庭にストックしていました。

住まいの建築だけでなくこんな物も作ります。
是非ご相談ください。
 

プレゼンテーションスタッフブログ

投稿日時:2016/09/30(金) 11:56

201609301206_1-300x0.jpg
201609301206_2-300x0.jpg
先日、お引き渡しさせていただいた鉄骨造の倉庫です。計画の段階からパースの制作を行い、建物の完成をイメージしやすく提案させていただきました。平面図や立面図だけではイメージしずらい大きさや色合いなども分かりやすく、イメージ通りの建物が完成しました。

遮熱の実験!スタッフブログ

投稿日時:2015/09/28(月) 09:00

201509251937_1-379x226-384x226.jpg201509251937_2-384x225-384x225.jpg201509251937_3-371x297-384x301.jpg201509251937_4-368x320.jpg
今回、私、実験を行いました。
そう、藤田建設がお客様にお勧めする、遮熱エアテックスとは、いかほどの効果があるのか。
写真上から、
1枚目、同じ材料により作った木の箱、左の箱には通常の防水シートを張り付けまして、右側の箱には遮熱効果のある防水シートを同じ条件のもと張りり付けました。(お家と見立てて)
2枚目、ほぼ同じ条件下で熱源を照らします。(通常の日射と見立てて)
3枚目、写真は、温度計の精度の確認の為、熱源照射前の様子です。
4枚目、放置時間約10分、みるみると温度に差ができてきました。
この結果、約4度の違いが出ました。
今回、簡易的な実験ではありますが、これだけの効果を発揮した、遮熱エアテックスに今後も期待です。
今後も、私共は、お客様にお勧めする、工法、材料には、自信をもって進めるために、実験や研究を行っていきたいと思います。
次の実験は・・・・・防蟻防腐剤!
こうご期待!!

遮熱塗装スタッフブログ

投稿日時:2015/09/25(金) 10:28

車庫件物置の外部塗装工事をさせていただきました。

201509251110_2-349x960.jpg
今回使用した塗料は、遮熱塗料!
屋根が鉄板のルーフデッキであること、夏期の内部作業での暑さ対策、物置に内部に熱がこもりやすく収納物の保存状態が気になること、など踏まえ採用しました。
特に反射効率の高い白色を選び施工しましたが。。。。
効果は歴然!
屋根の下で感じる体感温度が施工前後では、まったく違いました。
お客様からのお墨付きいただきました♪
藤田建設の住まいでは、以前から、遮熱エアテックスというシートを外壁の下地として採用しておりますが、自信をもっておすすめしたいと確信いたしました。
今後数値的なものを公開したいと思いますので、こうご期待!
 

お得な補助金のニュース 『介護保険での住宅改修編』スタッフブログ

投稿日時:2015/06/30(火) 17:36

こんにちは!

今お住いのお家は、過ごしやすい環境でしょうか?
ご家族に、要支援、要介護認定されている方はいらっしゃいますか?

そんな皆様に朗報です。

そんなご家庭の住宅のリフォームには補助金が支給されます。
藤田建設では、専任のコーディネーターが、補助金申請のお手伝いから、住みよく安全な改修工事を提案、施工いたします。
補助金の概要については、下記のとうり

介護保険における住宅改修
1 住宅改修の概要
要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行おうとするとき(*)
は、必要な書類(住宅改修が必要な理由書等)を添えて、申請書を提出し、工事完
成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住
宅改修費の9割相当額が償還払いで支給される。
なお、支給額は、支給限度基準額(20 万円)の9 割(18 万円)が上限となる。
(*)やむを得ない事情がある場合には、工事完成後に申請することができる。
2 住宅改修の種類
(1)手すりの取付け
(2)段差の解消(*)
(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更(*)
(4)引き戸等への扉の取替え
(5)洋式便器等への便器の取替え
(6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
(*)法施行当初は、屋外における段差解消、床材の変更及び手すりの取付けなどの
工事については、玄関ポーチの工事を除き、住宅改修費の支給対象としていなか
ったが、告示改正により、平成12年12月以降、玄関から道路までの(建物と
一体ではない)屋外での工事も住宅改修の支給が可能となった。
3 支給限度基準額
20万円
・要支援、要介護区分にかかわらず定額
・ひとり生涯20万円までの支給限度基準額だが、要介護状態区分が重くなっ
たとき(3段階上昇時)、また、転居した場合は再度20万円までの支給限度基
準額が設定される。

内容が気になる方、お気軽にご相談ください。

                           福祉住環境コーディネーター   藤田 直幸
 
次へ>>